Digital Manyufactureing を応援するスマートカンパニー

お問い合わせ

 

VISI Analysis

製造業のための高機能CAD/CAMソフトウェア・ソリューション

VISI Analysisは、一連のモデル形状検証機能です。外部から取り込んだデータを使用して作業を行う場合には、モデルデータの品質が重要課題です。プロジェクトの早い段階で潜在的な問題を発見することにより、設計者の負荷を大幅に低減し、引き続く設計工程での著しい時間短縮を実現します。

 

機能概要:

  • モデル変更自動認識
  • モデルの曲率と半径の確認
  • 動的フェース解析
  • テーパ角度の視覚化
  • キャビティ・コア分割
  • 曲面エッジの単純化
  • 複数パーティングライン計算
  • 動的パーティング面作成
  • モデル検証と形状の正常化
  • 不必要なデータと針状フェース検出
  • サーフェスエッジの公差編集
  • モールド金型型開きアニメーション

 

モデル変更自動確認:

モデル形状比較機能は、2つのモデル(サーフェスあるいはソリッド)を読み込んでモデル変更を確認します。モデルの差異部分は色分けされて強調表示され、またモデル間の差異を素早く確認できるようスライドバーによっていずれかのモデルの透明度を変化させることができます。もう一つの機能として、ユーザが定義した距離パラメータを使用してモデル変更を確認します。2つのモデル間の、物理的距離の変化を視覚的に確認できます。モデル間の差異を自動抽出出来るので、既存データに対するモデル変更を迅速かつ容易に行うことができます。

 

テーパ角度と曲率の検証:

テーパ解析は、モールド成型可能性を検証するためにモデリング作業の早い段階で行う必要があります。早い段階において設計上の潜在的問題を見つけ出すことにより、設計時間の大幅な短縮が可能となります。モデルの抜き方向を選択するだけでユーザが定義した色で抜きテーパ部分を色分け表示し、問題の状況を容易に確認することができます。またモデル上の曲率半径と最大半径/最小半径を画面上に強調表示することもできます。

 

エッジの検証:

読み込んだデータを用いて作業を行う場合、形状エッジの状態はモデル品質に重要な影響を及ぼし、作業がうまくいくか否かの鍵となるものです。VISI Analysisは、曲面エッジと接線接続状態を修正・単純化するためにモデルトポロジーを検証する機能を持っています。

 

視覚的なモデルのキャビティコア分割機能:

解析機能および分割機能はモデルのコア部、キャビティ部、アンダーカット部、スライドコア部の検証を行うのに役立ちます。アンダーカット部やスライド部はグループ化することで、型開き動作に合わせて移動軸に沿わせて動的に動かすことができます。アニメーション動作は、XML外部ファイルとして保存し再実行できるので、金型の動きを説明するために大変便利な機能として利用できます。パーティングライン機能には、最適なパーティングラインを見つけ出すための3種類の方法があります。画面上でコンピュータが作成した結果を対話的に確認し、設計要件に合わせて修正することができます。パーティングラインを曲線形状として抽出し、あるいは自動的にモデルを適切なコア、キャビティまたはスライドコアに分割することができます。

 

パーティング面:

パーティング面の作成は、設計者にとって最も時間がかかる難しい仕事の一つです。豊富な曲面機能とパーティング面機能は、複雑なパーティング面作成およびそれを管理するための強力なツールです。外部で作成された複雑な曲面をパーティング面機能に読み込むことができ、押出し面、オフセット面、ルール面、パッチ面などと共にパーティング面作成に利用することができます。パーティング面機能を使って、モデルから自動的にコアモデルとキャビティモデルを作成することもできます。設計者を支援し煩雑な仕事を無くすことで、設計者の経験を最大限活用し、高い生産性を実現します。

 

モデル検証と正常化:

強力なモデル正常化機能により、不必要な形状をチェックできます。重複した形状を自動的に強調表示し、抽出後別のレイヤーに移動します。モデルを解析して断片化されたフェースを認識し、ユーザが指定した範囲内で潜在的に問題のあるフェースを検出します。自動除去・修復・接合機能はソリッドモデルのトポロジーを維持したままデータの一貫性を保証します。視覚的なソリッド干渉確認機能、破損データ確認のためのモデル検証、形状の問題確認、トリム状態確認機能が最良の結果を保証します。

 

参照フェース:

参照フェースは、一つまたは複数の開始フェースを選択することで、ユーザが定義した角度範囲内でそれに引き続くフェースを自動的に検出します。この機能は特定の部品形状抽出や、形状の曲面群への分割を素早く行うための便利な機能です。

 

座標軸移行:

もし複数の原点座標を使ってデータを管理している場合、座標軸移行機能を使用すると3次元モデル空間からあなたの作業原点に情報を簡単に移行することができます。原点間の移動を全て抽出し、将来のための参考資料としてレポートファイルに出力することができます。

 

曲面解析:

モデル上でマウスを移動させることにより、フェース情報を表示する機能です。これは最も素早くテーパ状態やトリム箇所およびフィレット半径を確認する方法です。

 

有限会社 Jテクノ

593-8303

大阪府堺市西区上野芝向ケ丘町3-9-43

Tel:  072-256-4183 Fax:072-256-4186

特別商取引法に関する記述

サイトポリシー

プライバシーポリシー

TOP