Digital Manyufactureing を応援するスマートカンパニー

お問い合わせ

VISI Electrode

製造業のための高機能CAD/CAMソフトウェア・ソリューション

VISI Electrodeは、モールド金型とプレス金型の微小部分の加工および硬い材質の加工に使用する電極とホルダの自動設計管理モジュールです。ホルダ設計、シミュレーション、干渉チェック機能により最適な電極が得られます。電極作成は、金型メーカーにとって最も複雑で時間の掛かる作業の1つです。VISI製品群は設計から製造までのどの生産工程でもソリューションを提供します。最も経験豊富な電極設計者でも、VISI Electrodeでの自動化された設計工程からさらに利益を得ることができます。

 

機能概要:

  • 曲面抽出
  • 直線・接線方向曲面延長
  • 電極干渉チェック
  • 電極ホルダライブラリー
  • 垂直/水平/傾斜電極アニメーション
  • 中間データファイル出力
  • HTMLとEPX出力
  • VISI Machiningを使用して工具軌跡作成

 

放電領域抽出:

電極を使って加工すべき領域を特定した後、その領域を2次元境界または3次元境界で囲む事で、素

早くかつ簡単に必要とされる電極形状を得ることができます。画面上でフェースを選択する事で、より複雑な領域に対して簡単に電極を作成する事も可能です。VISI Electrodeは電極設計者の経験を補完するツールであり、自動化機能と手動による形状構築機能の組み合わせが電極に応用されています。この技術の組み合わせにより設計編集の自由度が得られ、電極設計を完結させることができます。

 

電極作成:

直感的なインターフェースを使用して電極先端形状を作成します。垂直方向または接線方向への高さを延長するオプションもサポートされています。開かれた側壁を持つ電極に関しては、側壁を複数方向に延長が可能です。電極作成工程のどの時点でも、動的なアニメーションと干渉チェックが利用できます。

 

ブランク材、ベース、ストック作成:対話操作を通じて電極に電極ベースとストックを追加します。電極名、材質、稼動タイプ、認識記号、エッジ面取り、位置、回転を追加できます。追加された情報は、自動的に電極プロジェクトとして最終的にHTMLレポートに記述されます。

 

ホルダー作成:

ホルダーは、手動で幅と深さまたは高さを指定、あるいは単にライブラリから選択する事で構築されます。近傍の曲面によって電極の使用が制限される場所では、ホルダーを電極中心からオフセットさせ、EDM加工機を操作させる際に充分な隙間を確保できます。動的アニメーションと干渉チェックにより、電極が製品形状に干渉しないよう確認することができます。

 

電極管理:

電極管理は、ワーク材、電極、複数電極位置決め、垂直・水平・傾斜シミュレーション、干渉チェック、HTMLレポートとEPX出力を管理するためのツールです。他CAD/CAMシステムとの互換性を保証するため、個々の電極を、IGES・STEP・STLなどの中間データフォーマットを使って適切な作業平面基準で自動的に書き出すことができます。

 

電極アニメーションと干渉チェック:

電極とホルダが正しいか確認するため、電極を画面上で稼動軸方向にアニメーション動作が可能です。電極と近傍曲面との干渉を自動的に確認します。干渉は画面上で強調表示され、電極は接触点まで移動します。

 

データム作成と電極加工:

一旦電極が設計されれば、VISI Machiningを使用して直接加工データを作成できます。放電加工機での電極加工と位置決めの基準が自動的に作成され、全加工工程で利用可能です。加工テンプレートを使えば、工具・加工方法・送り速度・スピンドル回転数・切り込み深さ等の条件を同様の電極加工のために再利用可能です。以前の加工で既に実証済みの会社標準データを新しい電極に適用するだけで、同様の設定で自動的に加工パスを作成し、プログラミング時間を大幅に削減します。

 

有限会社 Jテクノ

593-8303

大阪府堺市西区上野芝向ケ丘町3-9-43

Tel:  072-256-4183 Fax:072-256-4186

特別商取引法に関する記述

サイトポリシー

プライバシーポリシー

TOP