Digital Manyufactureing を応援するスマートカンパニー

お問い合わせ

VISI Machining 2D

製造業のための高機能CAD/CAMソフトウェア・ソリューション

VISI Machining 2Dは4軸および5軸割出しを含む実践的、直感的かつ簡単な加工プログラミング環境を提供します。知識ベースフィーチャ認識機能は、ソリッド上の形状フィーチャを自動認識し、信頼性の高い切削加工および穴あけ加工パスを作成します。

 

機能概要:

  • 豊富なCADインターフェース
  • 豊富な工具ライブラリ
  • ポケット加工、輪郭加工、フェース加工
  • 複数高さ島付きポケット加工
  • 削り残り部自動加工
  • 穴あけ加工
  • 工具軌跡の最適化
  • 障害物回避
  • 機械シミュレーション
  • カスタマイズ可能なポストプロセッサ
  • 高信頼性・高効率NCデータ
  • HTMLとXLSレポート出力

 

豊富なCADデータ変換機能とパワフルなモデリング機能:

VISIはParasolid、IGES、CATIA V4およびV5、Pro-E、NX(UG)、STEP、Solid Works、Solid Edge、ACIS、DXF、DWG、STL、VDAの各ファイルを直接取り扱うことができます。豊富なCADデータ変換機能によりユーザは多くのサプライヤとのデータ授受が可能になります。また複雑な設計をしているユーザでも顧客から供給されるデータを容易に取り扱うことができます。VISIは、ソリッド・サーフェス・ワイヤフレーム・メッシュデータ、あるいはこれらの組み合わせを直接操作できるので、どのようなCADモデルでも作業が可能で、2次元加工用に作成された図面からでも素早く情報を構築できます。

 

簡単な操作性と豊富な工具管理機能:

直感的なオペレーションマネージャは、加工オペレーションと工具ライブラリから選択された単純なツリー構造で表示します。加工対象と材質に基づいて、切削速度、工具回転速度、ステップオーバ、切込み量を含む多くの加工パラメータが自動的に計算されます。高度なグラフィカルユーザインターフェースを通じて、選択工具の加工パラメータ、切削条件およびホルダを設定します。複数原点機能により、任意の基準面設定または多軸割出し用設定が容易に行えます。

 

豊富な穴あけ加工機能:

センタードリル、ドリル、タップ、リーマ、ボーリング、ヘリカル加工、スレッド加工、切削ドリルサイクルにより、あらゆる穴タイプに対して加工データを作成できます。直径と深さは形状から直接選択できるので、穴あけ加工パラメータの入力が容易で、MDIによるミスを削減することができます。工具軌跡の最適化は工具移動を最短化し、サイクルタイムを削減し、生産性を最大化します。

 

輪郭加工とフェース加工:

輪郭加工機能では、加工方向、アプローチ方法(円弧/直接)、切削深さを選択できます。工具径補正機能により、加工現場で使用する実践的なデータを出力することができます。使用する工具で狭い部分が加工できない場合、システムは自動的に削り残し形状を作成し、より小さな工具で再加工ができるようにします。平面フェースの仕上げに、島付きスパイラル加工またはジグザグ加工が利用できます。連続輪郭加工を使うと、ステップオーバに基づいて、輪郭領域を外側から内部に向かって徐々に切削することができます。

 

オープン/クローズポケット加工:

VISIは、テーパ角と底部ブレンド半径を想定したポケット領域と高さが異なる複数の島に対して、スパイラルあるいはジグザグポケット加工ができます。底面と側面の個別の仕上げ代設定と自動島上面フェース加工は、ユーザの要求に柔軟に対応します。オープン形状のポケット加工においては、ユーザはオープンフェースを指定する事で、工具は自動的に外側から進入し、開いたエッジを横切って削り残り部を加工することができます。

 

単純3次元形状のための2.5軸加工:

押出し形状、回転形状あるいは別の2次元曲線に沿った2次元輪郭スイープ形状に対しては、3次元形状や3次元加工操作無しに簡単に3次元加工データを作成することができます。内側と外側のねじ切削加工、ヘリカル加工、角部へのフィレット/面取り加工も可能です。

 

障害物回避とグラフィカル工具軌跡確認:

押さえ治具や固定治具などを指定することにより、システムは自動的にこれらを回避した最短の加工パスを作成します。障害物回避機能は干渉物を回避するばかりではなく、不必要なZ回避動作を除去し加工サイクルタイムを減らします。ユーザは、グラフィカルな工具軌跡確認機能により操作を確認することができます。工具軌跡シミュレーションにより、期待される曲面仕上げ、削り残った材料そして潜在的な干渉を確認できます。

 

汎用ポストプロセッサと加工指示書:

ポストプロセッサの広範なライブラリはほとんどの工作機械に対応しており、また個々の機械仕様に合わせて調整することができます。穴あけ固定サイクル、プログラム長さを短くするためのサブプログラム、円弧補間、工具径補正と工具長補正の組み合わせにより、使いやすく現場に適した信頼性の高いNCデータを作成します。カスタマイズ可能な加工指示書は、データム位置、工具、サイクル時間、加工範囲に関する情報含んだHTMLまたはXLSファイルとして自動的に作成されます。

 

 

 

有限会社 Jテクノ

593-8303

大阪府堺市西区上野芝向ケ丘町3-9-43

Tel:  072-256-4183 Fax:072-256-4186

特別商取引法に関する記述

サイトポリシー

プライバシーポリシー

TOP