Digital Manyufactureing を応援するスマートカンパニー

お問い合わせ

 

VISI Mould

製造業のための高機能CAD/CAMソフトウェア・ソリューション

VISI Mouldはモールド金型設計プロセス全般にわたって設計を支援する専用自動化ソリューションです。設計者は動的な操作プレビュー機能により、部品の変更が金型設計にどのような影響を及ぼすかをリアルタイムに確認しながら設計を行うことができます。

 

機能概要:

  • モデル変更自動認識
  • テーパ角度の視覚化
  • 複数パーティングライン計算
  • キャビティ・コア分割
  • 3次元金型設計
  • 部品カタログのカスタマイズ
  • 部品編集
  • スライダ、リフタ、型開きユニット
  • 3次元冷却回路と干渉チェック
  • 金型変更による図面自動更新
  • 部品表自動作成
  • 容易な加工データ作成

 

豊富なCADデータ変換機能:

VISIはParasolid、IGES、CATIA V4およびV5、Pro-E、NX(UG)、STEP、Solid Works、Solid Edge、ACIS、DXF、DWG、STL、VDAの各ファイルを直接取り扱うことができます。豊富なCADデータ変換機能によりユーザは多くのサプライヤとのデータ授受が可能になります。またデータ読み込みの際に不具合データを読み飛ばすことができるので、一貫性のないデータがどこから来ているかを管理できます。大容量データでも容易に取り扱うことができ、また複雑な設計をしているユーザでも顧客から供給されるデータを容易に取り扱うことができます。

 

真のハイブリッドモデラー:

VISIは、ソリッド・サーフェス・ワイヤフレーム、あるいはこれらの組み合わせを自由に操作できる柔軟な構造を持っています。ソリッドモデリングのコマンドには、ユナイト、サブトラクト、押出し、回転、スイープ、キャビティ、インターセクト、中空化などのブーリアン演算機能があります。ソリッドモデリングは設計の標準的手法となっていますが、簡単な形状に制限される制約がありました。しかし、サーフェスモデリングには自由曲面作成のためのより柔軟な機能と技術があります。サーフェスモデリングには、ルール面、ロフト面、ドライブ面、スウィープ面、nサイドパッチ面、接面、テーパ面、回転面、パイプ面作成機能があります。これらのモデリング機能と先進の曲面修正機能により、複雑な3次元形状の作成や読み込んだ形状の修復を簡単に行うことができます。

 

モデル検証と準備:

モデル準備機能は、成型可能性、断片化されたフェース、形状の矛盾を自動的に認識します。テーパ解析は、ユーザが定義した色でモデルを解析し、簡単にアンダーカット面や非テーパ面を識別します。重複した形状は強調表示され、抽出されて自動的に警告レイヤーに移動されます。断片化フェース検出および自動除去機能は、ソリッドのトポロジーを維持したまま問題があると推測されるフェースを除去します。早い段階で潜在的な問題を発見することで、設計工程での大幅な時間短縮効果をもたらします。

 

パーティングラインとパーティング面の作成:

部品に対して自動的に最適なパーティングラインを生成するいくつかの方法があります。グラフィックインターフェースを通してコンピュータが作成した結果と対話処理することで、個々の設計要件に合わせてパーティングラインを調整することができます。一度完了すれば、パーティングラインを曲線形状として抽出するか、または自動的にモデルを適切なコア、キャビティ、スライドコアに分割することができます。豊富な曲面機能とパーティング面管理機能は、非常に複雑なパーティング面作成およびそれを管理するための強力なツールです。

 

自動金型アセンブリ機能:

設計者は金型アッセンブリ機能により、モールドベースとそれに関連する部品を素早く構築することができます。フタバ、ミスミ、Hascoなどの主要サプライヤ部品のパラメトリック構造を使い、個々のプレートのパラメータを読み込むことで、金型構造の修正を素早くかつ効率的に行えます。プレート寸法を変更しても、自動的に標準部品をそれに適合させることができます。部品表は自動的に作成され、図面化や部品発注など後工程で利用できるスプレッドシートとして出力できます。

 

アンダーカット部処理:

アンダーカット部を処理する機能として、スライドコア・リフターなどが利用できます。専用パラメトリック部品ライブラリにより、設計者はアンダーカット部処理機構を構築し、金型構造上でその効果を動的に確認することができます。

 

標準カタログ部品:

35社以上のサプライヤ標準部品を使用することによって、設計者の単純反復作業を大幅に減少させることができます。ボルトやその他の部品の長さは、プレート毎の厚さと規則ベースパラメータに適合するよう自動調整されます。エジェクターピンは3次元キャビティ形状に合わせて自動的にトリムされます。回り止めの方法も、複数の固定方法から選択することができます。

 

冷却回路:

専用冷却ウィザードを使って、冷却回路を簡単に挿入することができます。冷却経路をスケッチするだけで設計者は位置と大きさを制御でき、近接する他の金型部品と干渉をしていないかを自動的に確認します。冷却回路付属部品は、主要なサプライヤのライブラリから簡単に挿入することができます。どのような冷却回路でも設計雛形として出力し、別の金型設計で再利用することができます。ボルスターサイズが異なる場合には、冷却回路は新しいプレートサイズに適合するように自動的に調整されます。

 

金型図面作成:

2次元図面は3次元モデルから直接作成されます。図面には編集可能な2次元形状、アイソメ断面図、自動プレート寸法および穴タイプとその座標表が含まれています。個々の詳細図は任意のアッセンブリ要素から作成可能で、2次元図面と3次元レンダリング表示を混在させて表示することができます。標準カタログ部品断面図は、正確な詳細図表示が行われます。3次元モデルが変更されると連動した2次元図面も寸法線と共に変更されます。さらに部品表と個々の参照用風船記号を、専用のアセンブリ管理ツールを用いて図面に書き加えることができます。

 

加工モジュール:

VISIのCAD/CAMは統合されているので、フィーチャ認識機能を用いて個々のプレート加工を実行することができます。穴加工フィーチャや開口部は自動的に選択され、適切な穴あけサイクルや2次元切削加工が適用されます。より複雑なコアやキャビティに対しては、VISI Machiningを使用して3軸-5軸加工パス、高速切削加工パスを作成することができます。設計から製造までの全作業工程を通して同一モデルデータを使用するので、データの一貫性が保証され、設計工程を円滑に進めることができます。

 

有限会社 Jテクノ

593-8303

大阪府堺市西区上野芝向ケ丘町3-9-43

Tel:  072-256-4183 Fax:072-256-4186

特別商取引法に関する記述

サイトポリシー

プライバシーポリシー

TOP