Digital Manyufactureing を応援するスマートカンパニー

お問い合わせ

VISI Wire

製造業のための高機能CAD/CAMソフトウェア・ソリューション

VISI Wireは、精密部品加工、工具作成、モールドと順送金型、プレスと押出しダイ用に開発された従来のWire EDM CAMシステムを、VISIの環境に取り込んだ業界の最先端を行く製品です。完全なフィーチャベースであるVISI Wireは、一定テーパ、可変テーパ、4軸を含むワイヤフィーチャをソリッド形状から直接自動認識が可能です。それらのフィーチャは、安定したワイヤEDM用工具軌跡と全てのワイヤEDM加工機に対応した信頼性の高いNCコードにより、簡単に加工できます。

 

機能概要:

  • 豊富なCADインターフェース
  • 広範囲にわたる工作機械とポストプロセッサ用データベース
  • 自動フィーチャ認識(4軸、可変テーパ、可変ランド、テーパと穴)
  • 複数パンチまたはダイ用の荒加工と仕上げ加工
  • 複数切り残し処理(自動切り残し除去など)
  • 荒加工、仕上げ加工、切り残し除去加工に関する反転加工
  • コアレス加工(円形領域、不規則領域、テーパ領域)
  • 加工条件変更
  • 複数切り残しとコーナの逃がしを設定するための簡単で直感的ツール

 

豊富なCADインターフェースと強力なモデリング機能:

VISIは、Parasolid、IGES、CATIA v4/v5、Pro-E、UG、STEP、Solid Works、Solid Edge、ACIS、DXF、DWG、STL、VDAファイルのデータを扱うことができます。これらの豊富なトランスレータにより、ほとんど全てのサプライヤから入手したデータを使って作業が行えます。複雑な設計を行う会社にとって、顧客のCADデータを簡単に扱えることは意義あることです。VISIはCADモデルを操作するツールを使って、ワイヤフレーム、ソリッド、サーフェス、メッシュデータ、またはこれらの組み合わさったデータに対して直接作業できます。また図面からワイヤ加工用のデータを簡単に作成することもできます。

 

直感的ユーザインターフェース:

2軸加工と4軸加工の操作では、加工方向、自動オフセット、リードオン/オフ半径、切り残し距離、リードオフ距離、リードオン/オフ条件などのパラメータを選択できます。作成する工具軌跡がどのようになるかを分かりやすく示すため、それぞれのパラメータと共に絵が提供されています。

 

自動フィーチャ認識:

VISI Wireは、ワイヤ加工用の強力な自動フィーチャ認識機能をサポートしています。穴、開いたポケットまたは閉じたポケット、一定テーパ(一定半径と円錐コーナモードを含む)、可変テーパ、テーパとランド、可変ランド、そして4軸を含む貫通フィーチャの検出を、ボタンクリックだけで簡単に行えます。結果フィーチャはグループ化されるので、希望する加工方法と加工条件を使って、それらを簡単にかつ安心して加工できます。

 

フィーチャ修正ツール:

VISIのグラフィックツールを使って、4軸または可変テーパなどの拡張フィーチャを簡単に編集できます。ユーザ拘束または同期直線を4軸フィーチャに簡単に追加ができ、結果は動的に更新されます。これは、押出しダイを設計する際に特に便利です。可変テーパフィーチャは、フィーチャのフェース上で角度をドラッグすることで、視覚的に編集できます。これは、VISIの対話型グラフィックスライダを利用して行います。

 

複数切り残し処理と切り残し除去:

VISI Wireでは、部品上に複数の開始点(穴)を指定できます。それぞれの開始点(穴)の近くには自動的に切り残しが設定されます。VISI Wireでは、無人運転加工に関する設定が可能です。ワイヤ加工機に自動ワイヤ結線機能がある場合は、可能な限り無人運転を行いたいと思うでしょう。無人運転加工では、スラグが部品に付いたままで全ての加工が行われます。ワイヤ加工では、数多くの加工方法が準備されています。例えば、仕上げ前の荒加工では切り残しを作成して荒加工を行い、その後切り残しを除去し最終的に仕上げ加工を行います。別の方法として、部品を残したまま荒加工と仕上げ加工を行い、その後切り残しを除去し仕上げ加工を行うこともあります。

 

工具軌跡検証とシミュレーション:

治工具と加工対象を含むシェーディング表示のソリッドモデルと共に、ワイヤ軌跡のシミュレーションを行うことができます。干渉がある場合はモデル上で強調表示され、メッセージも表示されます。スラグが切り離されると作業者に知らせ、加工機での動きと全く同じように画面上で部品を除去します。工具軌跡検証は、部品を除去できるかどうかテストも行います。加工の残りや干渉に関する対象モデルと加工部品の比較も行い、それを強調表示することもできます。

 

ポストプロセッサデータベース:

VISI Wireは、Agie、Charmilles、ブラザー、ファナック、日立、牧野、Ona、ソディック、西部、三菱などの最先端のワイヤ加工機をサポートしています。Agie用JOB/Scriptファイル出力機能、そしてCharmilles用CMDファイル出力機能と共に、条件データはサポートしている加工機に含まれています。ポストプロセッサの内容定義は簡単で、異なる加工機とその構成に簡単に合わせ込むことができます。

 

自動加工方法:

VISI Wireは、日中有人加工と夜間無人加工のような現場の要求に対応するために、荒加工軌跡、仕上げ加工軌跡、切り残し除去軌跡の自動並べ替えを行うことができます。その他、以下の機能をサポートしています。

 

4軸用ナルスパン(null spans)のサポート。小さなスパンを除去する箇所でのオフセットを含む。

可変テーパ用の角柱、円錐、一定半径コーナモード。

通常加工と切り残し除去のための個別クリアランス設定。

ストップ/オプショナルストップ、電源オン/オフ、ワイヤ切断/結線を含む任意の箇所でのMコード出力。

CADで定義した点、またはユーザ定義開始点方法を使った自動開始穴定義。

該当加工機での2番目のワイヤ選択。

仕上げ加工でのウィットネスマーク(切り込み痕)を除去するためのリード位置移動。

切込みと逃げ専用の電気条件設定。

 

有限会社 Jテクノ

593-8303

大阪府堺市西区上野芝向ケ丘町3-9-43

Tel:  072-256-4183 Fax:072-256-4186

特別商取引法に関する記述

サイトポリシー

プライバシーポリシー

TOP